Top > 経済 > 損をしない借金整理のやり方

損をしない借金整理のやり方


日刊紙の折込広告、電柱に貼られたビラやダイレクトメールで「借金の片付け任せなさい」「債務を一本化したくありませんか」と書かれたアピールを閲覧することがしばしばです。

そういったものは、「整理業者」「買取業」「つなぎ屋」と呼ばれる悪徳会社の広告のケースがあります。

使用した場合は自己破産申請手順の中で最重要な免責許諾を得られない危険も存在します。

「整理屋」とはダイレクトメールなどで多重負債者を引きつけ常識外の費用を要求して整頓をしますが実際は負債整頓はされず、借金者はより一層の負債スパイラルに落ちる失敗が大方と言えます。

「買取専門屋」というのは、債務人のローンで家電製品、飛行機の券などをたくさん仕入れさせ、負債者から買った品々を売値の10%ー半分で購入するという手口が知られています。

借金者はそのときは小金が懐に入りますが、いずれカード業者経由で品物の定価の返済請求がくることになり、現実には債務をアップさせる結末になります。

この場合だとクレジットカード業者に対して詐欺行為とされて免責判定を手に入れられなくなります。

「紹介人」というのは大手サラ金から貸してもらえなくなった負債者に関して、業者として貸出はしないでおいて、融資をしてくれる違う店を知らせて、高すぎる紹介料を請求する業種です。

つなぎ屋は自分の手引きで融資してもらったかのように会話しますが現実は何もしておらず種は簡単で審査のゆるい業者を説明しているというだけなのです。

このときも借金を悪化させる結果に終わります。
借金 債務整理

経済

関連エントリー
履歴書の写真に相応しいメイク損をしない借金整理のやり方
カテゴリー
更新履歴
かえるについて(2014年7月 5日)
キャッシングで安心の住宅ローンを借りる(2014年6月26日)
一日勉強していました!(2014年6月 6日)
バトミントン(2014年5月24日)
「半袖」からのぞくのは(2014年5月 2日)